ぽっこり下腹部のための飲み物

ぽっこり下腹部を解消するための上手なドリンクの摂り方。またどのようなドリンクがおすすめなのでしょう。脂肪を落とすための飲み物についてのご紹介です。

 

水分の摂取量にも適量がある

わたしたちは日常、いろいろなかたちで水分を放出しています。それが2〜2.5リットルとも言われています。もちろん運動する人としない人、汗の多い季節、少ない季節など差はありますが、大体このぐらいと言われているのです。そして私たちが摂取すべき水分は約食事の分を引くと約1〜1.5リットルと言われています。
つまり水分は摂れば摂るほど良いということではなく、やはり適量があるということなのです。そんな中でぽっこりお腹改善、予防のために飲みたいドリンクはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

 

白湯

白湯ダイエットなどあるぐらい有効とされています。白湯は1度沸騰させたお湯をぬるい状態にして飲むものです。水イコール白湯ではありません。白湯を飲んで腸及び体が温まることで代謝が良くなります。朝起きたての白湯はその日の代謝を高めます。夜寝る前の白湯は睡眠中の新陳代謝を高めてくれます。代謝が高くなるということはダイエットだけでなく、肥満予防にもおすすめです。

 

炭酸水

炭酸水は食事中や食事の直前に多めに飲むことで、満腹感を感じることができます。空腹感を紛らわすのにおすすめです。炭酸水だけでは味がないという人は、炭酸水にレモン汁を数滴入れると飲みやすくなります。ただし食前は食事中のほどよい炭酸水の摂取は逆に食欲増進につながるので注意が必要です。

 

炭酸ソーダトマトジュース

トマトジュースはビタミンCも食物繊維も豊富です。トマトダイエットがあるほど便秘解消効果も高いと言われています。しかしトマトジュースはちょっと苦手という人にとっても、美味しく飲めるドリンクがあります。炭酸水のレモン味かレモン汁を垂らしたものと、トマトジュースを半々に合わせましょう。トマトジュースのとろみがなくなり、とてもさわやかなドリンクに早変わりです。ただし寝る前は腸を冷やすので注意しましょう。

 

ジンジャーティー

紅茶にショウガの擦った汁を数滴入れましょう。体が温まり腸内もしっかり温まり代謝を高めてくれます。夜寝る前にもおすすめです。

 

ハーブティー

フェンネルはウイキョウとも言われているハーブティーですが、食欲を抑える効果があります。ネトルはデトックス効果の高いハーブティーです。むくみ防止などにもおすすめ。レモングラスは新陳代謝を高める効果があります。リンデンは利尿作用があり、脂肪の分解をサポート効果があるとのこと。
アーティチョークはコレステロールを下げ脂肪分解効果があります。ローズヒップはデトックスとダイエットに効果があり、エルダーフラワーは発汗作用が高くなる成分でマスカットのような香りがします。クミスクチンは尿酸の排出などのデトックス効果とダイエット効果が期待できます。