ぽっこり下腹部を減らすには?

ぽっこり下腹部を減らす方法を考えてみましょう。原因によっても違いますが、ある程度共通の改善法、減量法もあります。食事、運動、生活リズムなどいろいろ考えてみましょう。

 

食事を考える

まず基本は食事と運動と言われています。その中の食事について考えてみましょう。ぽっこり下腹部を減らす食事の基本は食べすぎ飲みすぎをしないことからではないでしょうか。そして炭水化物と脂肪分をできるだけ減らすことも大切です。
ストイックになることはありませんが、できるだけ少なくする努力をしましょう。また間食も結構カロリーや脂肪分が多いので注意しなければなりません。

 

腸内環境を考える

腸内環境が悪く便秘やガスでぽっこりしてくることもあります。特に内臓脂肪や皮下脂肪が付いている人はより大きなお腹になってしまうので注意が必要です。そのため食物繊維をたっぷり摂るためにも野菜を十分摂取しましょう。
また特に水溶生食物繊維は、より多く摂りたいものです。そのためにも海藻、キノコ、ぬるぬる野菜を意識的に摂りましょう。また便秘を改善するには腸内の筋肉を強めるためにも適度な運動が大切です。

 

運動について考える

お腹ぽっこりを落としていくためには、やっぱり運動も重要です。内臓脂肪の場合は適度な運動を毎日続けること。内臓脂肪はそれ以上にもう少し運動を長く頑張る必要があります。そしてお腹の脂肪を落とすには、やはりインナーマッスルを鍛えることが重要となるのです。
お腹の脂肪というと腹筋と思われがちですが、やはり表面の筋肉だけでなくその奧にあるインナーマッスルという筋肉を鍛えることで効果も高まります。そして単に激しい運動ではなく、適度な有酸素運動と軽い筋トレ系を取り入れて毎日続けることが大切です。
一日30分は行うようにしましょう。ただし続けて30分が無理なら、5分ずつでも合計30分を毎日続けます。運動には骨盤運動やスワットなども取り入れるといいでしょう。

 

サプリのお手伝いを上手に利用する

食事や運動は基本ですが、やはりサプリのお手伝いがあると、より頑張りやすくなります。そこでどのようなサプリがいいのかということになります。まず内臓脂肪を減らすという観点から考えると、今注目のラクトフェリンがおすすめです。母乳の成分であるラクトフェリンは、内臓脂肪減少サポート効果があることを発見したライオンの臨床試験でも嬉しい結果が出ています。
また腸内には脂肪吸収を促進する細菌と、脂肪吸収を抑制する細菌が存在していることが解明されています。当然腸内環境が良く善玉菌が活性化していれば脂肪吸収を抑制する細菌が活性化します。これは内臓脂肪や皮下脂肪を溜めない予防にも重要なことです。腸内環境を高めるサプリなら乳酸菌サプリなどがおすすめです。
また内臓脂肪の低減に期待できるラクトフェリンも、腸内環境を良くするお手伝いとしておすすめです。他に脂肪燃焼効果の高いカプサイシンや、炭水化物などの吸収を抑える白インゲンエキスなどもあります。このようにさまざまなサプリを上手に利用してもいいのではないでしょうか。

 

生活リズム

毎日の生活リズム、睡眠などは脂肪燃焼に深く関係しています。特に代謝やホルモン分泌は睡眠と深く関係しており、睡眠をしっかりとることで代謝が上がり脂肪燃焼も高まります。またホルモン分泌が活発になることも代謝アップに。早寝早起き、質の高い睡眠のためにも生活リズムを重要に考えましょう。当然便秘予防にも生活のリズムは重要となります。