ぽっこり下腹部のためのレシピ

ぽっこり下腹部を減らす努力の中には、食事はとても重要です。そんな毎日に利用できる美味しくて簡単に作れるレシピのご紹介です。

 

ダイエットトマトスープ

ダイエットトマトスープはトマトと玉ねぎとスープの素のみ。トマトはダイエットにもおすすめ。それに火を通してもトマトのビタミンCは消滅しないので、美容にもおすすめのトマトスープです。単純に玉ねぎとトマトを適当に切って、柔らかくなるまで煮るだけ。あとはスープの素で味を調えますが、少し薄味にしてコショウを多めにすると減塩スープにも。卵を溶き入れたり、キノコやワカメを入れてもOK。置換えダイエットにもおすすすめです。

 

コンニャクステーキ

コンニャクを1度冷凍にします。それから解氷してオリーブオイルで焼きます。表面に細かく網目の切れ目をいれるといいでしょう。最後にコショウと醤油をふりかけ、最後にコショウや七味、ゆず胡椒をかけても美味しく食べられます。コンニャクを1度冷凍することで、お肉に似た食感になるのでおすすめです。カロリーが低いので安心して食べられます。

 

ダイエットハンバーク

挽肉はわりと脂肪分が多いので、鶏の胸肉の挽肉がおすすめ。挽肉量と同じ量のものを混ぜますが、それは玉ねぎのみじん切りの炒めたものと、糸コンニャクの細かく切ったものと、エノキを細かく切った物を会わせて、大体肉と同量にしてすべて合わせます。卵を1個入れてパン粉で種を作ります。このとき糸コンニャクはさっと炒り炒めして臭みを取るといいでしょう。

 

最後に焼き汁はキッチンペーパーで吸い取り、ソースとケチャップで絡ませましょう。あるいは焼き肉のタレを少しだけ水で薄めて片栗粉を入れてとろみを付けると照り焼き風味になります。

 

モヤシと豚肉マウンテン

モヤシをフライパンの中で山のように積み上げ、そこにしゃぶしゃぶ用の薄い豚肉をモヤシが見えなくなるように乗せていきます。とはいっても豚肉は薄く広がるので、量的にはそんなに多く必要としません。フライパンにふたをして弱火でモヤシがしっとりしたら、上手にお皿に乗せてポン酢やゴマダレで食べましょう。もやしがいっぱい食べられます。

 

麺なしソース焼きそば風

麺を入れずにモヤシとエノキを炒めて、ソースで味付けるだけ。どちらも細く麺と大きく違いがありません。味はいつものソース焼きそばそのもの。ランチなどに炭水化物なしの、キノコとモヤシで食物繊維たっぷりのソース焼きそば風がおすすめです。

 

納豆キムチ

どちらも好きな人は是非ともおすすめです。ダイエットにはキムチも納豆もとてもおすすめです。特に乳酸菌も豊富なこの2つは、一緒に取ることでより相乗効果があると言われています。