ぽっこり下腹部にはウォーキング

ぽっこり下腹部を解消するには食事と運動が基本です。しかし運動はなかなかできないという人におすすめなのがウォーキングです。ちょっと意識するだけで効果が高くなる方法などご紹介しましょう。

 

ウォーキングの魅力

ぽっこり下腹部を解消するための運動として、ウォーキングはとてもおすすめです。運動の嫌いな人でも散歩として続けることができるのではないでしょうか。辛い運動より歩くだけなら、なんとかできるという人もいます。一日30分〜1時間のウォーキングがおすすめですが、30分のウォーキングなら自宅から15分歩き、そこからUターンして戻るだけで30分ウォーキングはできてしまいます。

 

また一駅早めに下りて歩くというのもおすすめです。これなら運動の時間がない人でも続けられるのではないでしょうか。このようにウォーキングは続けやすい有酸素運動として魅力的と言えそうです。

 

おすすめのウォーキングポイント

ウォーキングは歩き方をちょっと意識するだけで、一段と効果が高くなると言われています。まず丹田に力を入れながら歩くようにしましょう。下腹をキュッと力を入れるイメージで、お腹をぽっこり出しながら歩かないように意識します。
また歩くときに猫背になっていないでしょうか。しかし胸を張るとお尻を出してしまいS字型の姿勢になる人がいますが、お腹をしっかり締めることで真っすぐな姿勢になります。腕は大きく振りますが、特に後に大きく前は小さくというのが基本です。自分の視線に手が見えないように大きく振るように言われています。つまり前にはあまり大きく振らず、後を意識的に大きく振るようにしましょう。

 

もう一つのポイントとして後に残った足は膝を伸ばして真っすぐになるように意識しましょう。少し大股に歩くと良いと言われていますが、特に残した足を意識するようにしたいものです。前に下ろす足は足首をしっかり90度にしてカカトから下ろすようにしましょう。
あまりいろいろなことを意識すると分からなくなるので、お腹に力を入れて、手は後に大きく振り、後ろ足を伸ばしカカトから落とすということだけ守ってウォーキングをします。なにも考えずにぷらぷら歩くのとはまったく効果が違うはずです。